Sato_hiroya.jpg
写真の枠_アートボード 1.png

取締役

​佐藤 浩也

Hiroya Sato

​PROFILE

出身:静岡県賀茂郡西伊豆町安良里(当時は賀茂郡賀茂村安良里)

役職:DE-SIGNグループ代表/一般社団法人オフィスの広場代表理事              株式会社西伊豆プロジェクト取締役

趣味:スポーツ観戦

好きな言葉:自ら機会を創り出し機会によって自らを変えよ

元株式会社リンクアンドモチベーション取締役、

現在株式会社DE-SIGNグループ 代表取締役社長ほか複数の役職を兼ねる。 1989年リクルート入社以来、日本オラクル、明豊ファシリティワークス、独立起業、 リンクアンドモチベーション参画と、変化の激しい環境の中、M&A,IPO,MBOを 含む様々な経験を積む。 1998年の起業を機に、日本のオフィス業界において初めてプロジェクトマネジメントサービスを手掛ける。

所属した日本オラクル、リンクアンドモチベーションにて構築した

オフィスにて、日経ニューオフィス賞:通商産業大臣賞(1994)、経済産業大 臣賞(2001)を受賞。

ワークプレイス・ワークスタイルをテーマとしたコンサルティングにて多くの実績を有する。

経         歴   

1989年4月    :株式会社リクルート

1994年1月    :日本オラクル株式会社

1996年5月    :明豊株式会社(明豊ファシリティワークス)

2000年7月    :株式会社リンクアンドモチベーション(取締役) 2012年1月    :株式会社ディー・サイン(代表取締役)

2018年7月    :DE-SIGNグループ 代表就任

2020年10月  :株式会社西伊豆プロジェクト 取締役就任

​「西伊豆で生まれ育った。」

  子供だった自分の視界で捉えられる職場は、役場・学校・漁協・農協・造船所くらい。

  自然と「いつかはこの地を離れる」ことを前提として、様々な活動に取り組んでいる自分がいた。

  実際、高校から地元を離れて、大学進学と共に上京、歳を重ねる度に徐々に故郷との距離は広がった。

  数十年が経った今、職場・職業という観点では、当時以上に選択肢が少なくなっているのが偽らざる現実だ。

Sato_hiroya-2.jpg

少子高齢化が進む日本の人口問題、その問題のトップランナーのひとつである西伊豆町、

人口減少という避けがたい現実の中でも、その中身を変えることはいくらでもできる。元気!勇気!やる気!

時代の変化、価値観の変化、取り巻く環境の変化に加えて、若きリーダーの牽引力により、

町を良い方向に変化させられる可能性は、一時期よりは間違いなく高まっていると感じている。

西伊豆町での成功事例は、日本の多くの地域の 元気!勇気!やる気!に繋がるはずだ。

Sato_hiroya-3.jpg

「西伊豆に生まれてそのままこの地で仕事をしたい」「一度は離れたものの西伊豆に戻って暮らしたい」

「たまたまの出会いから魅せられた西伊豆に移住したい」、そんな想いを持つ人により多くの選択肢を用意すること、この町の未来を担う最大のテーマだと思う。

それを実現するために西伊豆プロジェクトを立ち上げた。西伊豆を離れて得た多くの学びを、この取り組みに生かしたい。